耳から移植します|ケアについても十分確認|理想のバストは豊胸手術で手に入れよう

ケアについても十分確認|理想のバストは豊胸手術で手に入れよう

レディ

耳から移植します

医師たち

整形手術で、鼻を高くする際に多く用いられているシリコンプロテーゼは、何年か経ったのち、トラブルが生じることもあります。特にL型になったシリコンプロテーゼを挿入した場合、その尖がった部分が目立ちすぎてきてしまうことです。L型というその特徴が、人によっては主張しすぎてしまうこともあるようです。中には、笑っただけで中からプロテーゼが出てきてしまうのではないかと心配になるほどだという人もいるくらいです。修正する場合は、鼻中隔延長術を行います。そして、輪郭が浮き出てきにくいプロテーゼと交換するなどして整えます。また、プロテーゼを挿入したことによって薄くなった皮膚の部分には、耳の軟骨や皮下脂肪を移植して整えます。

鼻中隔延長術という方法が人気です。その理由は修正したい部分を治しながら、自然な鼻の形に近づけることができるからです。この方法は、例えば団子鼻を細くする鼻尖縮小術という整形を受けた人が、もう少し細くあと少しだけ細くと整形を受け続けた結果、細くなりすぎてしまった場合などに行われます。助軟骨を使って鼻尖縮小術を行い、軟骨を移植して鼻の不自然な凹みなどを修正します。その際に、以前行った整形で不満なところも同時に修正することができます。また、鼻の穴が正面を向いたときに丸見えになっている人も修正が可能です。この場合は鼻孔縁形成を行い、目立たなくします。この手術では、耳などから軟膏や皮膚を移植します。