ケアについても十分確認|理想のバストは豊胸手術で手に入れよう

ウーマン

新陳代謝と育毛効果

施術を受けるレディ

インディバエステは新陳代謝の促進を通してデトックス効果や脂肪燃焼効果が高いことで注目されています。女性だけでなく男性にも人気を集めています。それは高周波を頭皮に照射して頭皮環境を改善して育毛を促進させることができます。

もっと詳しく

身体に入れられる成分

婦人

ヒアルロン酸は体内に存在する物質です。ヒアルロン酸は保水力に優れており、そのためさまざまな医療の現場で使われています。特に美容整形の分野では注射器で行う切らない整形、プチ整形に使われる物質として知られます。

もっと詳しく

バストを大きくする手術は

バスト

問題点を自覚して

美しいバストを簡単に手に入れることができる豊胸手術は魅力的ですが、あくまで手術であるので手術前に知っておきたい情報もいろいろありますし、その後のケアについても十分確認しておく必要があります。まずは豊胸手術は技術や施術方法も時代とともにどんどん向上していますが、それでも感染症や合併症などのリスクもゼロではありません。それゆえに経験や実績が豊富なドクターのいるクリニックを選んで豊胸手術を受け、かつアフターケアを怠らないように心がけましょう。また切開をした場所に傷痕が残ることもありますし、授乳の際にはかすかな痛みが生じる可能性もあります。他にも成長期での豊胸手術はリスクも高いので控えた方が良いですし、術後の飲酒やタバコ、激しい運動なども一か月ぐらいは控えるようにしましょう。

健康診断では

豊胸手術を受けたことでコンプレックスを克服し、理想的なサイズになったバストに満足することは気持ちも明るくなって良いことですが、それによって引っかかることがあるとすれば、それはバスト関連の健康診断を受ける際のことです。たとえば胸部レントゲンでは、豊胸パックを入れているとレントゲンにパックが映ります。もっともそれを見て医師が異常だと指摘することはありませんし、他人に口外することも基本的にありません。またマンモグラフィーでは乳房を圧迫するので、検査そのものが不可能なわけではありませんが、一般的な健康診断の会場や医療機関などでは豊胸を理由に断られるケースもよくあります。それゆえにもしもマンモグラフィー検査を受けたい場合は、施術を受けたクリニックで実施してもらったり、可能なところを紹介してもらうといった方法もあります。

耳から移植します

医師たち

整形後に鼻の形が変化する人もいます。その際は、耳から軟骨や皮下脂肪を移植して整えます。整形をしたあとに、さらに修正したい場合、自然な鼻の形に整えながら整形することができる、鼻中隔延長術という方法が人気です。

もっと詳しく